長崎県の新生児特別定額給付金。おなかのベビーへの10万円受取方法

スポンサーリンク
諫早市のお知らせ諫早の知らないともったいないここだけ情報
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

長崎県の全自治体では国の1人10万円の特別定額給付の対象にならなかった今年度生まれの新生児を対象にした新生児特別定額給付金が支給されます。

先日は、ニュースでも取り上げられていました。

ニュースでもありましたが、
県内すべての自治体で給付されるのは全国で初めてらしく、長崎県在住の私としてはちょっぴり誇らしいです。

 

長崎県では新生児特別定額給付金の
財源として国のコロナ対策の交付金を活用することにしました。

補正予算額4億4,500万円を議会に提案して決定。

長崎県では新生児特別定額給付金として
県から5万円、自治体から5万円合計10万円の
給付が受けれることになりました。

 

ベビーが誕生して、これから!
というときに新型コロナウィルス感染症が拡大、
新しい門出なのにパパやママには心配なことばかり。

そんななか、新生児特別定額給付金。

もちろん、新生児特別定額給付金の
10万円で大満足!とはいえないと思いますが少しでも家計の足しになることを願います。

長崎県以外でも自治体独自の
新生児特別定額給付金の制度を
設けている自治体があります。

住んでいる自治体へ
問い合わせたり広報誌やホームページで
確認してみたくださいね。

それでは、長崎県の新生児特別給付金について詳しく紹介しますね。

スポンサーリンク

長崎県は特別定額給付金を新生児にも10万円

新型コロナウイルス感染症の拡大による家計への影響が心配されます。

その対策として私たちは、国から新型コロナウィルス感染症による家計への支援金の「現金10万円一律給付」の特別定額給付金を受け取りました。

 

ところが、国の特別定額給付金の対象者は、
「基準日の2020年(令和2年)4月27日において、日本の住民基本台帳に記録されている者」とされていました。

つまり、
令和2年4月28日以降に生まれた赤ちゃんは国の特別定額給付金の対象にならない。

 

しかし、7月「長崎県いのちを大切にする会」は要望しました。

「おなかの中の子どもも市民であり社会全体で育てていくべき」と。

 

長崎県は、基準日におなかの中にいる赤ちゃんも県民であり市民のひとり、という想いを受け止めたのです。

赤ちゃんが誕生して子育てが始まる家庭を経済的に支援し、健やかな成長を支えたいとい思いから新生児特別定額給付金を決定したのですね。

 

このように国では届かないところを
自治体がケアしてたりします。

自治体の広報誌やホームページは
隅々までよく読んで暮らしに役立ててくださいね。

 

それでは、長崎県諫早市の新生児特別定額給付金を紹介します。

長崎県の新生児特別定額給付金。諫早市での申請と受取方法

ベビー一人ひとりが受け取れる
新生児特別定額給付金の申請と受取の方法を
諫早市ではどうなっているかお伝えします。

堅苦しいいいまわしになりますが了承してくださいね。

支給対象者(子ども)令和2年4月28日から令和3年4月1日までに生まれ、かつ、申請日において、本市の住民基本台帳に登録されている者
申請者申請日において、給付対象者が属する世帯の構成者で、生計を同じくする父または母、その他市長が特に認める者
給付額
支給対象者1名につき10万円

 

新生児特別定額給付金の申請方法

申請できる対象者は諫早市から申請書が届きます。
または、市のホームページからもダウンロード可。

・令和2年11月2日以降に出生届を提出または、諫早市に転入して対象の赤ちゃんがいる場合は
それぞれの受付窓口で申請書が渡されます。

受付窓口は緊急経済対策室。
申請書と必要書類を郵送か持参して提出。

申請に必要な書類
1.新型コロナウイルス感染症対策新生児特別定額給付金申請書
2.申請者の本人確認ができる書類(顔写真付き)の写し
運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど
※顔写真付きでない場合は、健康保険証、国税・地方税・公共料金の領収書など、いずれか2つ
3.振込先口座確認書類の写し(申請者名義のもの)
通帳(表紙見開き1枚目)、キャッシュカードなど
申請期間令和2年11月2日(月曜日)から令和3年5月31日(月曜日)※消印有効
申請書送付先
〒854-8601
諫早市東小路町7番1号
諫早市 緊急経済対策室
☎0957-22-3520

 

申請場所は本庁 ・別館1階の奥、水道局のとなりです。

書類作成や必要書類の提出など、
ちょっと面倒ですが、ぜひ申請して
ベビーのために役立ててくださいね。

申請期限は令和3年5月31日
申請から振込みまで約1ヶ月程度。

詳しくはこちら確認してくださいね。
↓↓
諫早市の新生児特別定額給付金

全国初、長崎県全自治体の新生児特別定額給付金のまとめ

長崎県では全自治体で国の特別定額給付金の対象にならなかったおなかの中の赤ちゃんにも
10万円を支給しています。

国の定めた基準日令和2年4月27日に
おなかに宿る命、赤ちゃんも
市民のひとりとして、新生児特別給付金を決定した長崎県。

 

長崎県から5万円、
各自治体から5万円、
合わせて10万円が受け取れます。

財源は国のコロナ対策の交付金を活用。

対象になる人はぜひ、新生児特別定額給付金を受け取って欲しいです。

コロナ禍で経済的にも心配が多い中、
このような動きは全国の県や自治体に広がっていくといいなと思います。

 

なお、こちらでは諫早市のことを取り上げて説明しました。

長崎県の新生児特別定額給付金は、各自治体で支給対象者や申請方法、申請期限、受取方法など違っているので自治体の広報誌やホームページや電話で確認してくださいね。

 

国や県、自治体ではいろいろな施策を行い、生活を支援する取り組みをしています。

知らずにいるとせっかくの機会を逃してしまいます。

住んでいる自治体の
広報誌やホームページは隅々までよく読むことが大切です。

そして、生活をより良くしていきましょう!

長崎いいね~では、これからも多くの人が国や自治体のいろんな取り組みを活用できるように記事を書いていきたいと思います。